Google Maps API for Flash:単純な地図の描画

2009年6月5日 03:19 action script,google maps — littlepad

package
{
	import flash.display.*;
	import flash.geom.*;
	import com.google.maps.LatLng;
	import com.google.maps.Map;
	import com.google.maps.MapEvent;
	import com.google.maps.MapType;

	public class Main extends Sprite {
		private var _map:Map = new Map();

		public function Main() {
			init();
		}

		private function init():void {
			_map.key = "APIキーを入れてちょ";
			_map.setSize(new Point(stage.stageWidth, stage.stageHeight));
			_map.addEventListener(MapEvent.MAP_READY, onMapReady);
			addChild(_map);
		}

		function onMapReady(event:MapEvent):void {
			_map.setCenter(new LatLng(35.658517,139.745407), 14, MapType.NORMAL_MAP_TYPE);
		}
	}
}

コードの流れとしては、最初にMapインスタンスを定義。
その初期設定などをしつつ、準備が整った段階(MAP_READYイベント)で地図が描画される、といった感じ。
以下、コードで使ってるメソッドなど。

setCenter
指定された中心地点に対してマップビューを設定するメソッド。
ズームレベルとマップタイプも設定可能。
渡す座標はここで調べることが出来る。
http://n.girasol.googlepages.com/latlng.html
サンプルの座標は東京タワー。

LatLng
地点の地理座標 (経緯度) 。
緯度座標、経度座標の順に記載する。
LatLngの座標は変更できないことに注意。
別の地点を算出する場合は、新たに作成する必要がある。

MapType

  • NORMAL_MAP_TYPE
    通常の市街地図を表示(デフォルト)
  • SATELLITE_MAP_TYPE
    航空写真を表示
  • HYBRID_MAP_TYPE
    航空写真上に透明な主な通りのレイヤーを表示
  • PHYSICAL_MAP_TYPE
    地形や樹木などの地形的特徴を持つ地図を表示
  • DEFAULT_MAP_TYPES
    上記、最初の3つの定義済みマップタイプの配列(NORMAL_MAP_TYPE、SATELLITE_MAP_TYPE、HYBRID_MAP_TYPE)

↓ 表示はこんな感じ。初めて気づいたけど東京タワーのアイコンがカワイイなぁ。

コメントはまだありません

No comments yet.

TrackBack URL

Leave a comment

about

ハンドルネーム:littlepad
都内で WEB 制作(デザイン, html/css, Flash, MT, WordPress etc)をしているBOØWY研究家

category:

search:


archives:

GO TO PAGETOP