コンパイラ引数で設定を切り替える

2011年12月17日 00:43 action script,flex — littlepad

コンパイラ引数で開発環境毎に設定する内容を切り替える。
条件付きコンパイルと言うらしい。
下記は開発環境、ステージ、本番で設定内容をコンパイラ引数で切り替える例。

CONFIG::DEV
private var xmlUrl:String = "xml/dev.xml";

CONFIG::STAGE
private var xmlUrl:String = "xml/stage.xml";

CONFIG::RELEASE
private var xmlUrl:String = "xml/release.xml";

private function init(event:FlexEvent):void
{
	var loader:URLLoader = new URLLoader();
	loader.addEventListener(Event.COMPLETE, function():void {
		loader.removeEventListener(Event.COMPLETE, arguments.callee);
		var xml : XML = new XML(loader.data);
		_url = xml.apiUrl;
	});
	loader.load(new URLRequest(xmlUrl));
}

コンパイラ引数で、有効にしたい条件の引数を true、無効にしたいものを false にする。

-define=CONFIG::DEV,false -define=CONFIG::STAGE,false -define=CONFIG::RELEASE,true

これでもいいのだけど、切り替える時に変更個所を少なくしたいので、
flex-config.xml を用意して、各条件を false に設定する。



	
		
			CONFIG::DEV
			false
		
		
			CONFIG::STAGE
			false
		
		
			CONFIG::RELEASE
			false
		
	

で、コンパイラ引数で flex-config.xml を読みこむように指定し、
有効にしたい条件のみ true にして設定する。

-load-config+=flex-config.xml -define+=CONFIG::RELEASE,true

flex-config.xml の設定よりもコンパイラ引数の方が優先度が高いので、こちらの設定が有効になる。
まあ、flex-config.xml の設定を変えればいいのだけど、
あくまで引数で切り替えを完結したい時用。

下記、参考にさせて頂いた記事です。ありがとうございます!

コメントはまだありません

No comments yet.

TrackBack URL

Leave a comment

about

ハンドルネーム:littlepad
都内で WEB 制作(デザイン, html/css, Flash, MT, WordPress etc)をしているBOØWY研究家

category:

search:


archives:

GO TO PAGETOP